学会賞

学会賞について

 日本体質医学会学会賞  日本体質医学会では、本年度より学会賞として「日本体質医学会賞」および「日本体質医学会研究奨励賞」を設け、体質医学に関するとくに優秀な研究業績を発表した本会正会員にこれを贈呈することに致しました。

平成29年度日本体質医学会学会賞受賞者

日本体質医学会賞

佐藤 祐造(愛知みずほ大学大学院人間科学研究科)
「糖尿病の運動療法に関する基礎的、臨床的研究:体質改善を目指して」

研究奨励賞

笹子 敬洋(東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科)
「2型糖尿病に対する厳格な多因子介入が血管合併症と生命予後に及ぼす影響」
福中 彩子(群馬大学 生体調節研究所 分子糖代謝制御分野)
「生活習慣病における亜鉛の役割解明〜亜鉛トランスポーターの制御で体質は改善できるか?」
松野 正平(和歌山県立医科大学第一内科)
「遺伝情報解析による糖尿病の体質解明に関する研究」

若手研究奨励賞

井口 志洋(九州大学生体防御医学研究所エピゲノム制御学分野)
「胎児期及び授乳期の血糖コントロール不良の母体糖尿病への暴露は仔の成長後の耐糖能と肝代謝に影響を与える」
加賀 英義(順天堂大学大学院医学研究科 代謝内分泌内科学)
「健常者におけるfeedback inhibition of secretionの臨床的生理意義」
重岡 徹(福岡大学医学部 内分泌糖尿病内科)
「前立腺癌におけるGLP−1受容体の機能」
牟田 芳実(福岡大学医学部 内分泌糖尿病内科)
「選択的アンドロゲン受容体作動薬S42の骨格筋に及ぼす作用について」

学会誌

日本体質医学会雑誌

お問い合わせ

日本体質医学会事務局

熊本大学大学院
生命科学研究部 代謝内科学内
〒860-8556
熊本県熊本市中央区
本荘1丁目1-1
TEL 096-373-5169
FAX 096-366-8397