学会賞

学会賞について

 日本体質医学会学会賞  日本体質医学会では、本年度より学会賞として「日本体質医学会賞」および「日本体質医学会研究奨励賞」を設け、体質医学に関するとくに優秀な研究業績を発表した本会正会員にこれを贈呈することに致しました。

平成29年度日本体質医学会学会賞受賞者

日本体質医学会賞

山田 研太郎(朝倉医師会病院)
「肥満症および糖尿病の病態に及ぼす遺伝素因と生活習慣の関与」

研究奨励賞

矢部 大介(関西電力医学研究所)
「体質医学からみた日本人2型糖尿病の病態とインクレチンによる治療戦略に関する研究」
脇 裕典(東京大学大学院医学系研究科分子糖尿病科学講座)
「脂肪細胞における転写・エピゲノム制御と生活習慣病における意義」

若手研究奨励賞

岩屋 智加予(福岡大学医学部 内分泌・糖尿病内科)
「GLP-1受容体作動薬Exendin-4はNF-κBの阻害を介して乳癌増殖を抑制する」
高橋 弘幸(福岡大学医学部 内分泌・糖尿病内科)
「GLP-1受容体作動薬Exendin-4は血管平滑筋細胞における核内受容体NOR1の発現を抑制する」
原口 卓也(関西電力病院 糖尿病・代謝・内分泌センター)
「日本人2型糖尿病患者へのSGLT2阻害薬使用時における炭水化物摂取内容の差異による影響」
松村 卓郎(山口大学医学部附属病院 病態制御内科学)
「肝の糖代謝における出力計時計遺伝子E4BP4、DBPの役割の解明」
村上 彩子(熊本大学大学院 生命科学研究部 代謝内科学)
「エンパグリフロジンによる糖尿病大血管症進展抑制効果の検討」

学会誌

日本体質医学会雑誌

お問い合わせ

日本体質医学会事務局

熊本大学大学院
生命科学研究部 代謝内科学内
〒860-8556
熊本県熊本市中央区
本荘1丁目1-1
TEL 096-373-5169
FAX 096-366-8397